MENU

回線利用可能エリア内

いつもWiMAXを使用しているのですが、新たな気持ちでモバイルWiFiルーターを比較し、「実際に推奨できるのはどれになるのか?」を見定めたいと考えております。

WiMAXは必要経費の合計で見ても、他のルーターと比べて低料金でモバイル通信を利用することができます。回線利用可能エリア内においては、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi機器をネットに接続させられます。

WiMAX2+の販売促進キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが何社か見受けられますが、キャッシュバックキャンペーンは一切行なっていないプロバイダーも存在していますので、気を付けないと後悔することになります。

キャッシュバックの支払い前に契約を解約すると、お金は100パーセント受け取ることができなくなりますので、キャッシュバックの条件については、きちんと頭に入れておくことが大事だと言えます。

ご覧のページでは、あなたにピッタリのモバイルルーターを手にしていただけるように、プロバイダー各々の速度や料金等をリサーチして、ランキング形式にてお見せしております。


WiMAX2+を、ネットを介して売っているプロバイダーの1か月間の料金(2年契約満了時迄のキャッシュバックもカウントしたトータル金額)を比較した結果を、安い金額のプロバイダーより順番にランキングの形式で掲載させていただいています。

WiMAX2+のギガ放題プランについては、月間7GBというデータ使用量制限はなくなりますが、3日間で3GBを超過しますと、速度制限対象となってしまうと考えてください。

UQWiMAXを除いたプロバイダーは、本元のUQWiMAXから回線をレンタルするためのコストしか負担しなくて済むので、UQWiMAXと比較したところで、その料金はリーズナブルであると言って間違いありません。

一ヶ月のデータ使用量が無制限の「ギガ放題」が有名ですが、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在します。こちらのプランの場合は、「データ使用量は7GBまで」となっております。

全く一緒のモバイルルーターだとしましても、プロバイダーが別ならば月額料金は違ってきます。当ホームページでは、評価の高い機種を“料金”順でランキングにしていますので、比較していただければと思います。