MENU

通信速度が速いのは当然

先々WiMAXを購入するというつもりがあるなら、何としてもWiMAX2+のギガ放題を選びましょう。通信速度が速いのは当然として、WiMAXのサービス提供エリア内でも使用できますから、とても重宝します。

「WiMAX」「ワイモバイル」「格安sim」の3種類を対象にして、それらの利点・欠点を熟知した上で、利用状況に応じたモバイルルーターをランキング一覧の形でご提示させていただいております。

「使えるエリア」「月間料金」「通信容量」「速度制限の有無」という4つのファクターで比較検証しましたところ、誰がセレクトしても全く問題のないモバイルWiFiルーターは、わずか1機種だけでした。

オプション料金は徴収されますが、WiMAXのエリア圏外の場合には、高速通信で有名なLTE通信を使うことが可能な機種もラインナップされているので、はっきり言ってこのWiMAX機種さえ携行していれば、日本全国でほとんどモバイル通信ができるわけです。

Y!mobile(Yモバイル)であるとかドコモで取り決められている「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBといいますのはPCで動画を視聴すると、大体2時間で達してしまい、一も二も無く速度制限を受けてしまいます。


WiMAXに関しましては、有名なプロバイダーが進展中のキャッシュバックキャンペーンが人気を博していますが、このページでは、WiMAXは本当に通信量が無制限で、リーズナブルに使えるのかについて解説させていただいております。

モバイルルーターならすべて3日間3GBか1ヶ月間7GBの速度制限設定があります。ただし常識を逸脱した使い方をしないようにすれば、3日間で3GBに達してしまうことはほとんどないので、そんなに不安になることはありません。

未だにWiMAX2+の電波が到達するエリアとはなっていないというような人も、今の段階で買えるWiFiルーターにて、以前の主流であったWiMAXにも繋ぐことができますし、更にオプション料金を払えば、「au 4G LTE」にも接続できることになります。

ワイモバイルのポケットWiFiを友達にすすめられて、初めて用いてみましたが、今まで所持していたほぼ一緒のサービスを提供している同業他社のモノと比較しても、通信品質などの面はまったく同等レベルかそれ以上だというふうに思いました。

WiMAXの月々の料金を、なるべく安くあげたいと思っていろいろ調べているのではありませんか?そうした方の為に、月毎の料金をセーブするための秘訣をご案内いたします。